インフルエンザには漢方薬も効果あり

インフルエンザの治療薬と言えば、タミフルが有名です。ウイルスが体内に入り高熱をもたらしますが48時間以内にタミフルを服用すれば、それ以上ウイルスが増殖しないので熱も下がっていくといわれています。ただ、最近問題になっているのが、タミフルの乱用により耐久ウイルスが出た来ているようです。高熱が出ての服用は仕方ないのですが、家族に感染者が出て移らない為に服用する人がいて、これを続けると薬が効かなくなりウイルスに抗体ができてしまうようです。また、以前タミフルを服用した10代の子の異常行動が問題になり、違う手段として漢方薬を進める病院が出てきたようです。効果としてはタミフルとほぼ同じでウイルスの増殖を抑える効果が期待できます。メリットとして、西洋薬のような強い副作用は出ないともいわれています。かと言って、全く副作用が出ないわけではないようで、使う人の体質に合わなけば食品と一緒でなんらかの形ででることもあるようです。そして、即効性もあるので効果は抜群。実験でも検証されていてタミフルも漢方薬もウイルスの増殖を抑える時間は同じだという。だとしたらタミフルだけに頼らず色々な薬を使い分けて、インフルエンザを乗り切ってほしいものです。

インフルエンザに効果のある漢方薬があります

漢方薬と聞くと「だんだんと体質を改善して、効果を発揮する」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。しかし、実際は急性期の症状に効果のあるものが多いのです。一番、よく知られているのが、風邪に効くものではないでしょうか。実際、市販の風邪薬でも、眠くなる副作用がないものを飲みたいときには、漢方の風邪薬を選ばれる方が多いものです。そこで、注目したいのが、インフルエンザに効果のある漢方薬があるということです。インフルエンザは毎年流行します。それでいて、昔からある疾患です。それに対して、漢方の処方がないと考えるのがむしろ不自然であるといえるでしょう。インフルエンザのお薬はいろいろあります。しかし、発症してからの時間や副作用の問題などから、使わない方がいい場合もあります。そんな時でも、使えるのが漢方薬だったりするのです。実際に、科学的に効果が実証されているため、病院の先生なども積極的に患者へ服用させることが増えてきています。熱や咳などの症状の緩和に役立ち、予後がよいようです。もし、病院などで服用を勧められたら、是非服用してください。実際にその効果を身を持って体感できるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です