インフルエンザに有効な漢方薬

インフルエンザに罹ったら、医師に処方される専用のインフルエンザ薬に頼るしかないと言われていますが、近年、これらの薬に対し深刻な副作用がでるケースがあることが明らかになり、特に副作用が出やすいとされる年代の子どもを持つ家庭では、不安な日々を過ごしているのではないかと思われます。予防注射を受けたとしても、感染する型が違えば意味がないですし、摂取したからと言って同じ型のインフルエンザには絶対に感染しないという保証もないわけですから、予防に関しては全くお手上げ状態と言っても過言ではありません。そんな中注目されているのがある漢方薬です。日本ではあまり知られていないものですが、もともと中国の漢方医が使う代表的な風邪薬として知られています。現在日本で風邪薬として普及している別の有名な漢方薬は、実際は風邪の症状の2割程度しか効果がないと言われており、日本で思われているほど万能薬ではないのです。この薬ですが、従来は個人輸入するか漢方薬局で調合してもらうかしなければ入手できなかったのですが、つい最近日本でもドリンク剤や顆粒剤が第2類医薬品として販売されるようになり、ドラッグストアなどでも簡単に入手できるようになりました。薬ですので安易に手を出していいものではありませんが、病院の薬に不安を感じている場合は、医師や薬剤師に相談して試してみてはいかがかと思います。

インフルエンザと漢方薬

毎年、冬になったら流行するものといえば、あなたはなにが思いつきますか。ここでは、冬になったら流行するインフルエンザに漢方薬がどのような効果があるのかを説明していきたいと思います。まず、インフルエンザとはウイルスによる急性感染症の一種で流行性感冒ともいいます。これを発症すると、高熱や筋肉痛などをともなう風邪のような症状があらわれます。急性脳症や二次感染によって死亡することもある、とても恐ろしい感染症なのです。では、漢方薬にはどのような効果があるのかといいますと、漢方製剤の麻黄湯(まおうとう)を治療に使うと、抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減効果があるという研究結果がでました。麻黄湯は、麻黄・桂枝・杏仁・甘草の4つの生薬から構成されています。発汗作用があるので、体の熱や腫れ、痛みを発散して治してくれます。病気の初期で、体力が十分に残っている人に適しています。服用するときの注意点として、体がひどく弱っている・発汗が多い・胃腸の調子が悪いという人には、症状が悪化することがあるので慎重に投与しなくてはいけません。インフルエンザに感染しないことが一番いいのですが、感染した時の治療方法として漢方薬という方法もあると頭の中に入れておくと、便利かもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)