インフルエンザに効果的な漢方薬

インフルエンザは毎年12月から3月くらいまで流行するウイルス性の感染症で、かかってしまうとひどい悪寒、高熱、全身の倦怠感や痛みなどが症状として出てきます。人によってはのどの痛み、鼻水、咳も出ます。一般的には流行する前にワクチンの注射を受けておくことで予防します。また外出時のマスクや帰ってからの手洗いやうがいなどもきちんとしておくことが大切です。ですが、そうしていてもインフルエンザにかかってしまうことがあります。そういう時に役立つ漢方薬がいくつかあります。例えば、初期の頃には解熱、解毒作用があり、肺の機能を整えて痰やのどの痛みを和らげる漢方薬が良いです。熱で消耗してしまうので、体の水分を補ってくれる役目をする生薬が配合されているものがベストです。漢方薬は薬ではないので耐性がつくということがなく、眠気も起きないので運転しなければいけない時や受験生で夜も勉強をしているという時にも大丈夫です。処方もその時の患者の体調に合わせたものにするので、インフルエンザの型が何型かということも関係ありません。自然治癒能力をアップさせて、解熱や体の回復をさせるのです。妊婦さんや授乳中の方、また小さな子供さんでも安心して飲めるのがよいところです。

インフルエンザの予防に漢方薬が有効

毎年冬になると、インフルエンザが流行します。最近は予防接種もかなり定着してきましたが、予防接種によっても完全に感染を防ぐことはできません。万が一感染した場合、小学生や中学生であれば、比較的学校を休みやすいですが、受験を控えた高校生や社会人になると、休みをとることもままならないものです。また、最近では感染後に服用する内服薬が発達したため、比較的早期に熱を下げることが可能になりましたが、それでも38度や39度の熱が出ると非常に辛いですし、熱が下がったからといって早期に外出すると、知らず知らずのうちに感染を広げてしまいます。このようなインフルエンザには、やはり感染しないのが一番です。そのためには、予防が非常に大切です。マスクの着用やうがい手洗いの重要性については、至るところで注意喚起がなされていますが、このような対策の前提として、体の調子を整えておくことが大切です。不規則な生活により疲労がたまり、免疫力が落ちてしまうと、ウイルスに対しても弱くなってしまいます。漢方薬は、不規則な生活により消耗してしまった体の調子を整えるには有効です。また、漢方薬の中には、ウイルスに対して効果を発揮するものもあり、ちょっと喉が痛いなと感じたときに服用しておけば、重症化を防ぐ効果も期待できます。漢方薬で体の調子を整え、インフルエンザに負けない体を作ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です