インフルエンザと漢方薬

インフルエンザは冬の時期に流行するウィルス性の感染症です。その感染力は強く数年に一度、社会問題になるくらいの大流行を起こします。いろいろな型があり、流行のたびにウィルスは変化をするので流行しやすいのです。感染すると40度近い高熱やのどの痛み、せき、頭痛、関節痛、腹痛などといった症状に苦しむことになります。特に高齢者の場合は免疫力が低下しているので肺炎などを合併してしまい、死にいたることもあります。治療には薬が使用されます。現在はタミフルやリレンザという薬が使用されています。確かに服用することで重症化を防ぐことができ効果があるようです。あまり有名ではありませんが、漢方薬にもインフルエンザに効果があるとされているものがあります。その効果はタミフルと比較をしても大きな差はなく、重症化を防ぎ高熱が出るのを防ぐことができます。タミフルには異常行動などの副作用があるとされ、小さい子供への服用などは懸念されることがあります。そんなときには漢方薬が副作用が少なく効果的でしょう。漢方薬には新型のインフルエンザにも有効との報告があるものもあります。たくさんの治療薬が研究され副作用が少なく効果の高い薬が出てくることが望まれます。

インフルエンザに効果がある漢方薬について

寒い冬の季節に流行するのは、風邪やインフルエンザです。そして、発熱や咳、下痢等の症状を伴うもので、場合によっては死に至るケースもあります。特にインフルエンザに効果がある薬としてはタミフルが有名となっていますが、それを服用すると激しい副作用が生じるというデメリットがあります。そのため、小さい子供やお年寄りといった人に服用をすることは難しいのです。そこで、代わるべき漢方薬としては、二つの薬の種類が存在します。一つが麻黄湯、板藍根という薬です。まず麻黄湯については、主成分である麻黄と桂枝、杏仁、甘草という四つの薬草を混ぜ合わせて生成されたものです。その効能には強い発汗作用があり、体の熱や痛み等を取り除く効果があります。従って、インフルエンザでの激しい発熱対策にも優れた効果が期待できます。そして板藍根については、タイセイというアブラナ科の植物を乾燥させて作られた薬であり、抗ウイルス作用と喉の痛みでもある扁桃腺の痛みを抑えたり、腫れをひかせる効果があります。しかも解熱作用、体の免疫機能を強化するためウイルス対策にも有効です。なお上記の二つの漢方薬は共に自然の薬草を主要な原料にしているため、西洋の薬剤よりは副作用は少ないのは事実です。従って、子供やお年寄りまで幅広い年齢層の人に服用しやすい点はあると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です